西村 真紀 委員長

 

 委員長の西村真紀です.今まで川崎北部の小さな教育診療所で所長および指導医として働いていました.20164月より高知大学医学部家庭医療学講座で教育に関わるようになりました。家族は2000 年生まれの娘と夫,柴犬です.趣味の登山とマラソンは細々と続けています.学会合併前の家庭医療学会だったころに出産,幼児期の子育てをしていました.そのころ自らが利用者としても利用した託児所を学術集会で初めて設置,その運営を担当しました.学術集会では「家庭医の家庭」というワークショップを行って女性医師のワークライフバランスについて悩みを共有しました.そのころの私のモットーは「ベストではなくベターをめざす.」完璧を目指さない働き方や子育てで意外に楽しく仕事も子育てもやってこられました.それは悩みを共有できる場が学会にあったことが大きかったと思います.

 今,学会では理事として当委員会,健康の社会的決定要因検討委員会,医療の質・患者安全委員会,女性の医療・保健委員会に所属しています.委員長として3期目になりますが、学会内での役割で女性の割合を増やす取り組みを行ってきました。女性理事が2名から4名に増え、女性代議員、女性座長も大幅に増えました。学術大会でのキャリアCaféが定着化して多くの委員会の協力のおかげで多職種や様々な立場のキャリア支援が進んでいます。学術大会やセミナーでの催しでは圧倒的に男性医師の参加が多くなりました。これも支援される側、支援する側、男女問わず多くの方が男女共同参画に関心や期待を示してくれている証だと思います。多様な働き方を支援し会員の皆様とともに豊かな職場環境作りを考えていきます。それに患者さんによりよりよい医療を提供できることを目指しています。これからも委員会活動を頑張っていこうと思います。ご意見、ご協力をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

委員の紹介(支部別)

支部

委員

北海道 大塚亮平(手稲家庭医療クリニック)
東北
蓮沼直子(秋田大学医学部総合地域医療推進学講座)

本郷舞依(みちのく総合診療医学センター/坂総合病院 総合診療科)

関東甲信越

武田裕子(順天堂大学医学部医学教育研究室)

森屋淳子(医療福祉生協連家庭医療学開発センター(CFMD)/川崎医療生協 久地診療所)

中部 矢部千鶴(三重県立一志病院)
 近畿

小崎真規子(社会医療法人西陣健康会 堀川病院)

川島篤志(福知山市民病院 研修センター・総合内科)

森敬良(医療福祉生協連家庭医療学開発センター(CFMD)/尼崎医療生協 本田診療所)

中国

村田亜紀子(岡山家庭医療センター(FPCO)/津山ファミリークリニック) 

片岡仁美(岡山大学地域医療人材育成講座)

四国 西村真紀(高知大学医学部家庭医療学講座)
九州

大野毎子(唐津市民病院きたはた)

早野恵子(済生会熊本病院/熊本託麻台リハビリテーション病院)

それぞれの先生方の所信表明は下記PDFをご参考にしてください

男女共同参画委員会 所信
日本プライマリ・ケア連合学会誌 Vol. 37 (2014) No. 4 p. 346-349

ダウンロード
20141201_男女共同参画論文.pdf
PDFファイル 1.5 MB